患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

TOPICS

海の仲間たちと、土用の丑の日の咽頭異物

2018.07.15

エントランス(階段)を模様替えしました。今年の夏のテーマは、「海の仲間たち」です。       来てくださった患者さんに、少しでもほっとしていただきたい気持ちで、飾りは季節ごとに換えています。 夏は急性中耳炎や副鼻腔炎などの細菌による感染症は減りますが、小児の感染症としては、ヘルパンギーナや手足口病など、夏風邪と呼ばれるウィルス感染症が増えます。また夏は外耳道湿疹など、皮膚の病気も増えま ....

舌下免疫で大学合格率が上がる? 小児耳鼻咽喉科学会

2018.07.12

今日はワークピア横浜で開かれている日本小児耳鼻咽喉科学会に参加してきました。 小児中耳炎の群の一般演題をいくつか聞いたあと、「小児アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法」というタイトルのセミナーに参加。講師は舌下免疫療法ではおそらく日本で一番たくさんの患者さんを治療している三重の湯田先生。 「舌下免疫で大学合格率が上がる」というのはこのセミナーの冒頭で、湯田先生が講演の”つかみ”として、蛍雪 ....

注射による採血なしで、その日に分かるアレルギー検査

2018.07.06

注射による採血なしで、その日に結果が分かるイムノキャップラピッドという検査のキットがあります。今年の花粉症の季節の途中からずっと製造が追いつかずに入手できなかったのですが、今日ようやく入荷しました。 アレルギーの原因を調べる検査は、静脈から血液を採って調べるRASTと呼ばれる検査が主流です。一度の採血で、自由に項目を選んで調べることができるからです。 一方、小さいお子さんなど、静脈に針を刺 ....

スギ花粉の舌下免疫療法が12歳未満でもできるようになりました

2018.07.05

従来からのスギ花粉症舌下免疫療法薬シダトレンは、12歳以上が適応でしたが、6月29日に、12歳未満でも行える新薬シダキュアが発売されました。 新薬シダキュアは錠剤タイプなので小児でも服用しやすく、従来のシダトレンは液剤で冷蔵保存の必要があったのですが、その心配もありません。 しかし新薬はすべて発売から1年間は最大2週間しか処方できないという決まりがありますので、12歳以上の方はまず従来のシダト ....

猛威をふるった今年のスギ花粉、ヒノキ花粉

2018.05.02

猛威をふるった今年のスギ花粉、ヒノキ花粉もそろそろ終熄です。イネ科の雑草の花粉症がある方は、梅雨ぐらいまでは用心してください。

舌下免疫療法を行っています。

2018.04.03

舌下免疫療法をご希望の方は、Q&Aのページを良く読んでいただいた上で、他院で血液検査を既に行っている方は、その結果をお持ち下さい。それがない場合はまず血液検査を行います。 また、1回目の服用は、薬局で薬を受け取ったあと当院に戻って来ていただいて行い、服用後30分様子を見てから帰っていただきますので、診察後1時間ぐらいを要します。初めて服用を開始する日は、午前午後の診療の終了間際に受診されると当日 ....
2 / 212