患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

副鼻腔炎と超音波検査

副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎

副鼻腔炎の診断と治療の流れ

発症して1ヶ月以内の副鼻腔炎は急性副鼻腔炎と呼ばれ、なかなか治らず3ヶ月以上続いた副鼻腔炎を慢性副鼻腔炎と呼ばれます。

 

ただし小児の場合は、3ヶ月以上副鼻腔炎が続いていても、急性の鼻副鼻腔炎を繰り返しているだけのことが多く、大人の慢性副鼻腔炎とは病態が違います。

 

副鼻腔炎の症状

粘性鼻漏:色のついた粘り気のある鼻汁。時にくさいにおいを伴います。

後鼻漏:鼻が喉に流れることです。もともと副鼻腔炎の鼻汁は、前の方よりも後ろの方に流れるようにできています。

鼻閉:鼻づまりは、鼻汁の貯留と粘膜の腫れの両方で起きます。

咳:後鼻漏によって咳が誘発され、鼻の症状より咳の方が目立つこともしばしばあります。

嗅覚障害:嗅覚障害の原因は、副鼻腔炎であることが圧倒的に多いです。

頭痛:上顎洞に膿がたまると頬の痛みや、歯の痛みが起きます。前頭洞や蝶形骨洞の炎症では頭痛が起きます。また、副鼻腔炎があると後頸部の筋肉が凝ることがあり、そうすると三叉神経を介して、間接的に頭痛が起きることもしばしばあります。

以上の様な症状は急性でも慢性でも起きますが、頬や歯の痛みは、慢性ではあまり見られません。また、小児では急性であっても、頬や歯の痛みの訴えはあまりありません。

 

副鼻腔炎の検査

大人の方が、慢性副鼻腔炎を疑われる症状で見えた時には、今までの経過を詳しくお聞きした上で、以下の様な検査を行います。

 

副鼻腔入口部内視鏡検査鼻内を見ることに特化した細径内視鏡も用意しています。これにより、副鼻腔入口部付近や、においを嗅ぐ狭い隙間である嗅裂を観察することができます。

 

レントゲン検査:CR(コンピューテッド・ラジオグラフィー)を用いています。ただし、普通のレントゲンでは、上顎洞の診断はある程度正確にできますが、前頭洞、篩骨洞の診断率は劣り、蝶形骨洞は全くみえません。必要な時は、CTの予約をしていただきます。特に、好酸球性副鼻腔炎で難病の認定を申請する場合には、CTが必須です。

 

嗅覚検査嗅覚障害がある時には、標準的な“においアンケート”で評価した上で、必要に応じて“オープンエッセンス”という新しい嗅覚検査を行っています。

 

血液検査好酸球性副鼻腔炎(嗅覚障害と鼻茸を伴い、しばしば喘息を合併する、難治性の副鼻腔炎)が疑われた場合は、血中の好酸球を検査します。アレルギー性鼻炎を伴う場合にアレルギー検査を行うことがあります。

 

鼻茸組織の病理検査好酸球性副鼻腔炎の難病認定を希望される場合には、確定診断のために、鼻茸の一部を切り取って、病理検査を行います。

 

副鼻腔炎の治療

 

急性副鼻腔炎:起炎菌に有効な抗生物質(抗菌薬)で治療しますが、正しい抗生物質を選ばないければ治りません。慢性副鼻腔炎の治療に使われるマクロライド系の抗生物質は、急性には効果がありません。以前多かった肺炎球菌が減って、インフルエンザ菌が増えているなど、起炎菌の変遷にも配慮が必要です。

 

粘性の鼻汁の中には、細菌もいるしいろいろな“毒”も入っています。奥に溜まった粘性の鼻汁はかんでも出てきません。そのため通院していただき、鼻の奥の鼻汁を吸引することは、急性であっても慢性であっても、とても大切です

 

一般の慢性副鼻腔炎:

1 当院を受診するまでに、適切な抗生物質の投与がされていないと判断した場合は、慢性であってもまず抗生物質で細菌感染を軽くします。

 

2 その後は、マクロライド少量投与と鼻処置、ネブライザーで治療します。

 

3 改善が見られなければ、手術についてご相談します。

 

好酸球性副鼻腔炎:

1 難病の認定の申請を希望される場合には、治療を開始する前に、まず血液検査、CT、鼻茸の組織検査を行います。治療すると、これらの検査結果も改善して、難病の認定に必要な確定診断ができなくなるからです。これらの検査が終わったらすぐに治療を開始します。

 

2 難病認定申請の希望のない方には、すぐにステロイドの内服を開始します。大抵の方が、ステロイドによって、1週間以内にかなり症状が改善します。好酸球性副鼻腔炎でも、細菌感染が増悪因子の一つになっていることがしばしばあり、抗生物質を同時に内服していただくこともあります。

 

3 鼻茸が縮小して症状が改善しても、病気が完治することはなく、ステロイドの内服も副作用のリスクがあるため、長期間は続けられません。いずれ症状は再燃します。それを少しでも遅らせるために、ステロイドの点鼻、抗ロイコトリエン薬などを服用していただきます。

 

4 好酸球性副鼻腔炎には気管支喘息や好酸球性中耳炎を合併することもよくあります。その場合は、それらの治療も並行して行います。 

 

手術

必要であれば、当院で日帰り内視鏡手術を局所麻酔で行います。ただし、当院で行えるのは、

内視鏡下鼻副鼻腔手術I型(鼻茸を切除し、副鼻腔への交通路をつける手術)

II型(前篩骨や上顎洞の単洞手術)

III型(前篩骨洞と上顎洞、ないしは後篩骨洞の複数洞の手術)

までです。

IV型(汎副鼻腔手術)、V型(拡大副鼻腔手術)が必要な場合、あるいはII型、III型であっても、出血などのリスクが高い場合は、入院や全身麻酔ができ、慈恵医大出身の副鼻腔手術に習熟した専門家がいるご紹介します。

副鼻腔炎と超音波検査

副鼻腔炎は、鼻腔に続く空洞(上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞)に、細菌感染などにより起こる炎症です。たいていは風邪がきっかけになります。粘性あるいは膿性の鼻汁、鼻閉、後鼻漏、嗅覚障害といった鼻症状の他、痰の絡んだ咳も多いです。


急性副鼻腔炎では、頬や歯、あるいは前頭部に、痛みが出ることがあります。慢性副鼻腔炎でも、肩こりを伴う頭痛が起きることがあります。


副鼻腔炎は症状と鼻内所見である程度診断できますが、それだけだと直接副鼻腔を見ていないので間違った診断になることもあります。しかしレントゲンはできるだけ撮りたくありません。超音波検査は小さいお子さんにも繰り返し行うことができ、妊娠中の方でも行える安全な検査です。当院では日常の副鼻腔炎の診察に超音波検査を用いています。超音波検査は診察の一部として行いますので検査料は請求しません。

副鼻腔炎を超音波検査で診断できるのですか?

副鼻腔の画像診断を行った方が、鼻内を見るだけに比べて飛躍的に正確な診断ができます。超音波で診断できるのは副鼻腔のうち上顎洞だけですが、幼小児の副鼻腔炎はまず上顎洞に炎症を起こしますので、3歳以下のごく小さい上顎洞でなければ、超音波検査で診断できます。また大人でも成人の急性副鼻腔炎の多くは上顎洞に炎症を起こします。レントゲン検査も1回撮るだけなら、飛行機で太平洋を往復して空から浴びる放射能より少ないぐらいですが、小児や妊娠している方はもちろん、普通でも必要最小限にとどめたいものです。

超音波検査とレントゲンの比較

幼小児の副鼻腔炎と大人の急性副鼻腔炎は、主として上顎洞に起きますので、超音波検査で十分診断できます。年長児や大人の慢性副鼻腔炎では、レントゲンが必要な場合もあります。

超音波

レントゲン

超音波検査 レントゲン
上顎洞
篩骨洞 x
前頭洞
骨の様子 X
放射線被曝 ◎なし 少量あり
検査時間 ◎リアルタイム 数分
検査場所 ◎どこでも可 レントゲン室
検査料(保険点数) 無料 287点

その他の検査

副鼻腔炎の診療における検査は超音波査を主体に行いますが、必要であれば次のような検査を行うこともあります。

副鼻腔入口部内視鏡検査

鼻の奥を正確に見ることが必要な場合には、内視鏡を用います。

高画質の電子スコープが標準ですが、小児では細い内視鏡を用います。その画像は必ず、画像あるいは動画としてファイリングシステムに記録し、患者さんや保護者の方にもお見せしながらご説明します。

鼻腔通気度検査

鼻腔通気度検査は、鼻づまりの程度を測定してグラフと数字で示すことができる検査です。

 

他の検査では鼻づまりの原因が見つからない時に有用です。

 

スパイロメトリーという喘息の診断などに用いる呼吸機能測定機に、鼻腔通気度検査用の測定装置を装着して行います。