患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

睡眠時無呼吸 / 漢方(自律神経失調)

のど/頸部/睡眠時無呼吸/漢方

睡眠時無呼吸

睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返す状態を、睡眠時無呼吸症候群と言います。睡眠時無呼吸症候群では、十分に睡眠がとれず、昼間の眠気、集中力の低下、倦怠感といった症状が起きます。場合によっては、居眠り運転による事故を起こしやすくなる場合もあります。また、酸素不足のため、不整脈や心不全の原因になることがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群の多くは、閉塞性と言って、睡眠時に咽頭や舌の筋肉の緊張が緩んで、咽頭が塞がることで起こるものです。従って、いびきを伴います。ひどいいびきをかいていたと思ったら、ぴたっと呼吸が止まり、しばらくしてまたひどいいびきをかき出す、というのが典型的な例です。また、高度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の多くは肥満を伴います。

 

耳鼻科では、まず鼻や咽頭に、睡眠時の閉塞の原因や増悪因子になる疾患がないかを観察します。その上で当院では、簡易的な検査機械を貸し出しして、自宅で呼吸と血液の酸素濃度を記録し、そのデータを解析して診断をしています。

 

ある程度以上重症だと、簡易検査だけで診断がつきます。

 

簡易検査の結果がグレーゾーンだった場合や中枢性の無呼吸などが疑われる場合は、一泊入院して睡眠時の呼吸の状態や脳波などを調べる、終夜睡眠ポリグラフが診断のために必要です。その場合や、治療として耳鼻咽喉科の手術が必要と考えられるときは、耳鼻咽喉科、精神科(睡眠)、内科、小児科、米国睡眠学会認定技師、栄養士、放射線技師、看護婦などがチームを組み、睡眠時無呼吸症候群だけではなくあらゆるタイプの睡眠障害の診断治療を行っている専門病院(太田総合病院/太田睡眠障害センター)をご紹介しています。

 

睡眠時無呼吸症候群では減量などが有効ですが、ある程度以上の重症例では、CPAPと言って鼻にマスクをつけてのどに空気を送り込み、咽頭が塞がらないようにする方法が治療の基本になります。

 

簡易検査で明らかな診断がついた場合は、当院でCPAPを開始することもできます。また、太田総合病院/太田睡眠障害センターでCPAPの治療を始められた場合でも、治療が軌道に乗った後は、当院で治療を行えます。

漢方(自律神経失調症)

最近は、ストレスから自律神経が乱れて、めまい、耳鳴り、咽喉頭違和感などを発症して受診される方が多くなっています。次のような症状がある方は、自律神経が乱れている可能性が高いです。

 

・耳鳴りや耳閉感がある
・めまい、立ちくらみなどがよくある
・のどがつまる感じがする
・温度変化などですぐに鼻水、鼻詰まりが起きる
・首や肩がこる
・頭痛がする
・胃がもたれ、食欲がない
・よく便秘や下痢をする
・よく手足が冷えたり、頭がのぼせたりする
・胸が締めつけられたり、動悸がすることがある
・すぐ疲れる
・気分の上がり下がりが激しい
・寝られなかったり、寝ても疲れが取れなかったりする
・朝に症状が出やすい
・神経が疲れた時に症状が出やすい
・雨の日(低気圧の時)は症状が悪化する

 

これらのうち上の4つは、耳、鼻、喉に起きる症状ですので、耳鼻咽喉科を受診される方も多いです。検査で明らかな異常がなく、よくお聞きすると耳、鼻、喉以外にも、5番目以降の症状のうちいくつかの症状を伴うときには、漢方薬を中心に対応し、良い結果が得られています。

 

下は当院でよく処方する漢方薬です。

 

葛根湯
葛根湯加川芎辛夷
柴胡桂枝湯
柴胡加竜骨牡蛎湯
半夏瀉心湯
五苓散
小青竜湯
当帰芍薬散
加味逍遙散
桂枝茯苓丸
麦門冬湯
半夏白朮天麻湯
苓桂朮甘湯
補中益気湯
六君子湯
十全大補湯
荊芥連翹湯
芍薬甘草湯
香蘇散
四物湯
小建中湯
辛夷清肺湯
茯苓飲合半夏厚朴湯
加味帰脾湯
桔梗湯