患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

投稿

舌下免疫療法

2018.05.11

免疫療法は、治療を終了したあとも効果がずっと続いてくれる可能性のある治療法です。

 

当院では2014年10月、スギ花粉の舌下免疫療薬シダトレンが発売された直後から、いち早く舌下免疫療法を開始して、6年以上にわたり多くの患者さんにこの治療を行っていますが、実際の体験から分かったことは、1年目(舌下免疫療法を開始した次の年)から効果が出る方が予想以上に多いということです。そして、治療を続けられた方で効果がなかった方は10.5%しかいません。

 

グラフは平成30年の花粉飛散終了時に調べた、当院におけるスギ花粉舌下免疫療法の治療成績ですが、この年は花粉が大量飛散したにもかかわらず、無症状だった方が13.2%いらっしゃいました。著効、有効も合わせると、89.5%の方に治療効果が認められています。

 

スギ花粉の治療を続けると、1年目より2年目、2年目より3年目と、さらに改善していく方が多いです。5年間治療を続けて、最後の2年ほどは花粉が飛散する季節にも全く症状がなくなり、既に治療を終了した方も何人もいらっしゃいます。

  無効 10.5%
  有効 39.5%
  著効 36.8%
  無症状 13.2%