患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

好酸球性副鼻腔炎

副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎

近年、好酸球性副鼻腔炎という、難治性の副鼻腔炎の患者さんが増えています。この病気を日本で初めて発見して2001年に好酸球性副鼻腔炎という病名を提唱したのは、私が当院開院前に鼻副鼻腔班の班長をつとめさせてもらっていた、慈恵医大耳鼻咽喉科学教室です。

好酸球性副鼻腔炎とは

好酸球性副鼻腔炎とは、多発性の鼻茸(鼻ポリープ)で鼻閉と嗅覚障害を起こし、通常の薬が無効で、内視鏡下鼻内手術を行っても再発が多い、難治性の副鼻腔炎です。白血球の一種である好酸球が、血液や粘膜で増えているのが特徴です。しばしば喘息(とくにアスピリン喘息)を伴い、好酸球性中耳炎を合併することもあります。アスピリン喘息とは、ほぼすべての解熱鎮痛剤と、着色料や腐剤などいろいろな誘発物質で喘息を起こす病気です。

鼻内内視鏡写真

好酸球性副鼻腔炎の副鼻腔入口部内視鏡写真です。

 

鼻腔はたくさんの鼻茸で充満しています。数年前までは耳鼻咽喉科の先生の中にもこの病気を知らない方が多かったですが、現在は手術が必要になるような重症の副鼻腔炎の2割以上がこの病気であることが分かり、たくさんの方に知られるようになってきました。

 

しかし、それでもまだあまりこの病気を診たことのない先生も多いようです。好酸球性副鼻腔炎は、通常の副鼻腔炎の治療は無効ですので、しっかり診断して治療を行うことが必要です。

好酸球性副鼻腔炎の治療

現在のところ確実に有効な薬は、ステロイドの全身投与(内服)だけで、重症例には内視鏡下手術を行います。しかし、いろいろな新しい治療法も開発されており、将来的にはもっと有効な治療法ができると期待されています。