患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

小児副鼻腔炎と咳

小児耳鼻咽喉科

長引く咳の原因

原因として最も多いものの一つが副鼻腔炎です。痰がらみの咳は、副鼻腔炎の主な症状の一つなのです。長引く咳で喘息を疑われてその治療を受けても治らず、耳鼻咽喉科を受診して鼻汁吸引など副鼻腔炎の治療をしたらすぐ治ったというお子さんは、けっこういらっしゃいます。

副鼻腔炎の咳は、夜や朝に多く痰がからむ

副鼻腔炎の鼻汁は、構造上も機能的にも、鼻の前方よりも後方のどの方に流れやすいです。特に小児では、寝ている時にそれがのどに流れ込んで、咳をすることが多いです。夜の間にのどに溜まった鼻汁のため、朝起きた時もしばらく咳が続きます。長引く咳では、副鼻腔炎も疑って耳鼻咽喉科の専門医に御相談ください。耳鼻咽喉科医は、症状の経過と鼻内の所見で、副鼻腔炎かどうか大体の見当をつけられます。鼻内の所見は、アレルギー性鼻炎(水性鼻汁、粘膜腫脹)と副鼻腔炎(粘性、膿性鼻汁)とでは全く違います。しかしそれだけでははっきり診断できないこともあります。その場合、安全に繰り返して行える副鼻腔超音波検査が非常に有用です。

胸部聴診の必要性

しかし咳の原因は他にも多いので、副鼻腔炎の診断と同時に、他の病気の合併がないか注意も必要です。特に幼小児のでは、副鼻腔炎と同時に一時的に気管支が狭くなっていることもあります。当院では、咳の多い小児では胸部の聴診も行い、喘鳴があれば気管支拡張剤の吸入を行い、必要であれば小児科の先生と連携をとるようにしています。