患者さん中心の医療と、科学的診断と新しい技術を提供いたします。

耳の諸検査と補聴器

のど・耳の病気と検査

耳は、耳の入り口から鼓膜までの外耳、鼓膜の内側にあって鼻の奥(のどの一番上:鼻咽腔)と耳管という管でつながっている中耳、音を感じる蝸牛(かたつむりに形が似ているのでそう呼ばれます)と平衡感覚を司る三半規管がある内耳で構成されます。

 

外耳は耳の穴から見ることができますし、中耳の様子も鼓膜を透かしてある程度分かります。

しかし中耳の詳しい様子は、聴力検査やティンパノメトリーといった検査が必要になりますし、内耳に至っては、外から全く見えないところですから、内耳の病気の診断には検査が必須になります。

鼓膜内視鏡と手術用顕微鏡

耳の中の観察は、50年前は額帯鏡という鏡で光を入れて肉眼で見ていましたが、その後は拡大耳鏡と呼ばれる、2倍程度のルーペと電球のついた器具で覗いて見ることが主流でした。しかしそれよりも内視鏡や顕微鏡で見た方が、明るいし倍率も4倍から6倍で見ることができますので、格段に正確で詳細な観察ができるのは当然です。当院では、開院時から耳の観察や処置には、内視鏡と顕微鏡を用いています。

聴力検査

正式には標準純音聴力検査と言います。防音室に入っていただき、ヘッドホンをつけて、音が聞こえたらボタンを押していただきます。いろいろな高さ(周波数)の音について検査します。こうして得られた結果を気導聴力と言います。


次に耳の後の骨の出っ張りに振動板を当てて検査をします。音を感じる内耳は耳の奥の骨の中にありますが、耳の後に当てた振動板の振動は骨を伝わって内耳まで届き、音として感じられます。この振動は検査をする耳の反対側の内耳にも届いてしまいますから、反対側の耳にはわざとヘッドホンから雑音を聞かせて、骨の振動からの音を聞き取れないようにします(マスキング)。こうして得られた結果を骨導聴力と言います。


おおざっぱに言うと、外耳や中耳の病気では、気導聴力の方が骨導聴力より低下します。一方内耳の病気では、気導聴力と骨導聴力は同じ程度に低下します。また、どの高さの音の聴力が低下するかは、病気によって特徴がありますから、聴力検査は耳の病気の診断の大きな手がかりになります。

 

ティンパノメトリー

中耳は、鼻の奥(鼻咽腔)と管(耳管)でつながっています。この管には、中耳の換気をしたり、余分なものを排出したりする役目があります。子供では、もともと耳管の働きが未熟な上に、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気によって、さらに働きが悪くなります。

耳管の働きが悪いと、まず中耳の気圧の調節ができなくなり、気圧が低くなってしまいます。さらに、滲出性中耳炎という、中耳に液体の貯まる中耳炎になってしまうこともあります。また、急性中耳炎も繰り返しやすくなります。

ティンパノメトリーとは、この中耳の状態を調べる検査です。外耳道の圧力を変えながら、音の伝わり方を見ます。

 

・正常で、中耳の気圧が外の気圧と同じであれば、グラフのピークが0のところにできます(Aタイプ)。

・中耳の気圧の調節が悪く、低い圧になっていると、グラフのピークがマイナスの方に移動します(Cタイプ)。

・滲出性中耳炎になって、中耳に貯留液が貯まっていると、グラフのピークができません(Bタイプ)。

 

ワイドバンドティンパンノメトリー

ワイドバンドティンパンノメトリーは、従来のティンパノメトリーが226ヘルツという1種類の高さの音の検査しかできないのに対し、225ヘルツから8000ヘルツまでの広範囲の周波数を連続的に検査ができるティンパンノメトリーです。従来と同じ226ヘルツのティンパノグラムももちろん得られるのですが、中耳の状態について、格段に詳しいことまで知ることができるようになりました。

ワイドバンドティンパノメトリー

検査にかかる時間も、検査料も従来のティンパノメトリーと同じで、患者さんの負担は増えません。

耳小骨筋反射

耳小骨というのは、鼓膜から内耳に音を伝える小さな骨ですが、耳小骨筋はその骨についていて、あまりに大きな音が入ってきたとき、反射的に収縮して音の伝わりを弱め、内耳を守る働きをしています。耳小骨が外れてしまっている時には耳小骨筋反射が検出されなくなります。またその反射は、顔面神経によって起きますので、顔面神経麻痺では反射が起きなくなり、その診断にも役立ちます。

耳管狭窄症と耳管開放症

中耳は鼻の奥と耳管と呼ばれる管でつながっていて、通常閉じているこの管が、つばを飲み込んだり、あくびをしたときに開き、それによって中耳の気圧が外気と同じに保たれます。これが何らかの理由で開きにくくなると、気圧の調節ができなくなり、中耳の気圧は下がってしまいます。この状態は、耳管狭窄症と呼ばれます。


ところが、この耳管は逆に開きっぱなしでも、耳閉感(耳がつまる感じ)、自声強聴(自分の声が強く響いて聴こえる)など、いろいろな症状が出ます。これが、耳管開放症です。耳管の周囲の脂肪組織が減ったり硬くなったりしたときに、この病気は発症します。けして珍しい病気ではありません。当院にもときどきこの患者さんはいらっしゃいますが、気にせず病院を受診されていない方は、かなり多いのではないかと推測されます。そういう意味では、気にさえならなければ、病気とは言えないものです。


原因として多いのは、第一に体重減少。体重が減れば、耳管の周囲の脂肪も減ります。無理なダイエットは禁物です。そして女性の方は、ホルモンもバランスで、起きることも多いようで、妊娠やピルも、きっかけになるようです。その他にも、点鼻薬、自律神経異常、楽器吹奏なども、原因になるそうですが、はっきりした原因が分からないことが多いです。

鼓膜を見てもたいていは正常です(重症あるいは鼓膜の薄い方では、呼吸に伴って鼓膜が動くのが観察されます)。

聴力検査にも異常がなく、耳管狭窄症のようにティンパノメトリーで異常が出るわけでもない。この病気は、まず症状から診断しなければなりません。


耳閉感や自声強聴といった症状が、頭を下げると改善するということは、多くの患者さんに共通しています。あるいは横になっているときは良いが、起きて動き出してしばらくすると悪化してくることもよくあります。起きた姿勢では、重力によって頭の方にいく血液が少なくなり、耳管周囲の血流も減って、その分耳管周囲の組織のボリュームが減り、耳管が広くなるのです。(鼻づまりが、横になると強くなり、起き上がると楽になるのと、同じ理由です。)


耳管機能検査はこの病気の診断のために有用で、当院でも行いますが、軽症の場合はこれでも異常が出ないことも多いです。局所麻酔をつけた綿棒を鼻から入れ、奥の耳管の入り口をそれで閉鎖し、症状が改善するかどうかを確かめるのも一つの方法です。軽症の場合は、一日中開放しているわけではないので、たまたま症状のない時に受診された場合はだめですが、症状のあるときであれば、高率に診断がつきます。

治療は特効薬があるわけではありません。ただ、軽症の方では、診断をつけて、この病気についてご説明するだけで、ある程度納得され、安心されて、症状が気にならなくなる方が多いようです。漢方薬(加味帰脾湯)が有効であるとの報告があり、私も薬物としては、これを第一選択にしています。漢方薬の効果だけでなく、他の要因もあるかもしれませんが、数ヶ月の投与で改善することが多いです。ある程度重症になると、この症状はかなり苦痛になるので、そのために神経質になり、自律神経異常も起こして、悪循環になってしまうことも多いようです。このようなときには、軽い安定剤を処方することもあります。


重症の方には耳管にピンを挿入するなどの手術が行われていますが、手術は今のところ一般的に確立された治療法ではありません。

OAE(耳音響放射)

普通の聴力検査のできない小さなお子さんの聴こえを確かめる方法はいくつかありますが、当院ではOAE(歪成分耳音響放射)という検査を行うことができます。内耳では、入力された音を増幅するアンプの機能があるのですが、ここからの音の放射を耳音響放射と呼びます。

この検査はあくまでスクリーニング検査で、最終的に難聴を診断するものではありません。他の検査や鼓膜の所見と合わせて判断すことが必要です。

補聴器外来

補聴器が必要な方には、信頼のできる補聴器の専門家(認定補聴器技能者)に来てもらい、当院で相談していただくことができます。まず診察を受けていただき、補聴器の適応があるようなら、補聴器外来の予約をしていただきます。